不動車買取のおすすめ業者3選

不動車買取のおすすめ業者

乗らなくなって不動車になってしまうケースや故障により動かすことが出来ない車でも買取りしてもらえる場合があるのをご存知でしょうか。ここでは不動車買取の相場や査定までの流れ、おすすめの業者についてご紹介をしています。気になる業者が見つかれば是非相談をしてみてください。※コンテンツ内にはPRが含まれています。

不動車買取のおすすめ業者

廃車ラボ

Haisya Labo

他社で不動車買取で査定をして、「値段がつかない」「引き取りに費用がかかる」と言われた時には、廃車ラボがおすすめです。なぜなら廃車代行を無料でしてくれるからです。

【特徴】
廃車の引き取り費用、廃車手続きの代行費用、自動車スクラップ費用が無料。
古い車や、放置車、不動車、そして事故車など、廃車代行を全国完全無料で行っています。
【おすすめのポイント】
自動車税、重量税、自賠責保険を還付

↓公式サイトはこちら↓


廃車引き取り110番

Haisyahikitori110ban

【特徴】
廃車買取査定、自動車買取査定を希望されている方を対象とした、オンライン買取サービスです。
わずらわしい実車査定がなく、手軽に買取が可能です。【全国対応】
メール・LINEを使ったやり取りで、「電話連絡が嫌だ…」という方には好都合なサービスです
サービス内容
廃車買取、廃車引取、廃車手続き、不動車引き取り、故障車引き取り、故障車買取、事故車引き取り、事故車買取など
【おすすめのポイント】
自動車税、重量税、自賠責保険を還付

↓公式サイトはこちら↓


カーネクスト

CarNext

【特徴】
カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。
独自の海外販売網やリサイクル販売網を持つカーネクストでは、古い車や故障した車にも価値を産み出し、全国トップクラスの廃車買取価格を実現しています。

他店の一括査定で値段がつかなかったり、処分費用を請求された車にも値段が付いたと喜ばれています。
カーネクストは13,000社以上の自動車関連事業者と提携、
希望の場所まで無料で引取りに来てくれます。レッカー代も無料。
サービス内容
廃車買取、廃車引取、廃車手続き、不動車引き取り、故障車引き取り、故障車買取、事故車引き取り、事故車買取など
故障車や不動車をどう処分するかお悩みの方へ
動かない車も日本全国どこでも無料で引取り(一部離島を除きます)
車種や年式によっては高価買取価格がつく場合も。

「動かない車もご希望の場所まで無料で引取り!むしろお金がもらえる場合も」
中古車
他店や一括査定で値段がつかなかった、処分費用を請求された方へ
どんな車も0円以上買取保証!車種や状態によっては高価買取価格がつく場合があります。
「カーネクストではどんな車も0円以上買取保証
【おすすめのポイント】
自動車税、重量税、自賠責保険を還付

不動車の買取

走行が出来ない不動車

中古車としての不動車の買取とは、動かない車を買い取り取引をします。不動車は、エンジンやトランスミッションなどの重要な機械部品が故障していて、走行ができない状態を指します。

買取業者や中古車ディーラーは、不動車を買い取って修理し、再販することで利益を得ることがあります。一般的な中古車買取とは異なり、不動車の場合は買取価格が低くなる傾向があります。これは、修理や部品交換にかかる費用や、再販時の市場価値が低いことが影響しています。

車検切れによる不動車

不動車の理由として車検切れによる場合もあります。この場合は、車両の故障では無いので、査定額が大きく減額されることはありません。

しかし車検切れの車両は自走が出来ないので、レッカーを手配する必要があるので、その費用分はマイナスになる可能性があります。

不動車の買取手続きは、通常の中古車買取とは異なる場合があります。業者は車の状態を確認し、買取価格を査定します。買取契約が成立した場合は、車両の引き取りや手続きの完了、支払いなどが行われます。

不動車の買取は、所有者が不要とする車両を手放す方法の一つであり、車両が動かなくても価値がある場合があります。ただし、買取価格や手続きのスムーズさなどを考慮して、買取業者を選ぶことが重要です。

不動車買取の手続きの方法

不動車の買取手続きは、通常以下の手順に従います。

  1. 査定依頼  まず、不動車を買取してもらいたい業者に査定依頼をします。これは、電話やインターネットを通じて行うことができます。業者は車の情報や状態について詳細を尋ねることがあります。
  2. 査定 業者が車を査定するために現地に派遣されます。車の状態や特徴を確認し、査定額を算出します。
  3. 買取金額提示  査定が完了すると、業者は買取金額を提示します。この金額は、車の状態や市場価値、修理費用などを考慮して決定されます。
  4. 買取契約 買取金額に合意した場合、買取契約が成立します。契約書には買取金額や取引条件が記載されます。契約書を読み、内容を確認した上で署名します。
  5. 手続きの完了 契約が成立したら、業者は必要な手続きを進めます。これには、登録証明書や自賠責保険の解約、所有者変更手続きなどが含まれます。
  6. 支払い 手続きが完了したら、業者は買取金額を支払います。支払い方法は、現金や銀行振込などがあります。

不動車の買取手続きは、車の状態や業者によって異なる場合があります。買取業者によっては、手続きをスムーズに進めるためのサポートやアドバイスを提供してくれる場合もありますので、事前に確認することが重要です。

不動車の買取価格の決定要因

買取業者が不動車の買取価格を決定する際に考慮される要因について説明します。車の状態、年式、メーカー、走行距離などが価格に影響を与える可能性があります

買取価格の決まり方

  1. 車種と年式 車種や年式は、買取価格に大きな影響を与えます。人気のある車種や比較的新しい年式の車は、需要が高くなりがちです。
  2. 走行距離 走行距離も重要な要素です。通常、走行距離が少ない車の価値は高く、走行距離が多い車はその価値が低くなります。
  3. 車の状態 不動車である場合、車の状態が価格に大きな影響を与えます。エンジンやトランスミッションの状態、ボディの傷や錆、内装の状態などが考慮されます。
  4. 需要と供給 買取業者の需要と供給も価格に影響します。需要が高く供給が少ない場合、価格は高くなりますが、逆の場合は価格が低くなります。
  5. 修理費用 不動車を動く状態に修理する費用も価格に影響します。買取業者は修理費用を考慮し、それに基づいて価格を提示することがあります。
  6. 市場価値 類似の車がどの程度売れているか、市場での価値も考慮されます。

旧車として価値のある不動車

「旧車」としての価値がある車両は不動車であっても確実に売れます。その場合には一般的な中古車買取店では無く、旧車専門のショップがおすすめです。国産車や輸入車を専門に扱っている買取店や、自社で販売もしているお店。

海外需要のある車

買取される車は、日本国内を流通するものばかりではありません。日本車は中古車でも人気があり、実は海外輸出が盛んです。2023年度は154万台ほどが輸出されています。車種は様々で、乗用車(HV含む)からトラックやなど。日本車の高い品質が好まれているので、海外輸出の場合はあまり状態により価格が左右されにくい傾向で、むしろ特定の人気車種が高値になる条件です。例えばランクルやプラド・ハイエースのような車種。国内向けよりも高くなる可能性があります。最近では軽トラも人気で海外輸出されています。

不動車の査定方法

不動車の査定は、通常の中古車査定とは異なる手順や要素があります。以下に、不動車の査定方法の一般的なポイントをまとめます。

  1. 車両の状態の確認  査定を行う業者は、まず不動車の現状を確認します。エンジンの動作状態、トランスミッション、ボディの傷や錆、内装の状態などが重要な要素です。
  2. 車両の詳細の提供  査定を行う業者には、車両の詳細な情報を提供することで正確な査定が出来ます。年式、走行距離、車種、および修理履歴などの情報が査定に影響を与えます。
  3. 車両の現地査定  不動車なので、持ち込みには積車の手配が必要になるため費用と手間がかかります。このような場合は現地に査定担当者を派遣してもらい、不動車の現状を直接確認してもらうことがおすすめです。
  4. 買取価格の算出  査定を行った業者は、不動車の価値を算出し買取価格を提示されます。この価格は、車両の状態、修理費用、需要と供給などを考慮して決定されます。
  5. 買取価格の提示  査定が完了すると、業者は買取価格を提示します。この価格に同意するかどうかを検討して売却へと進みます。

不動車の査定では、車両の状態や修理の必要性、市場価値などが重要な要素となります。複数の業者から査定を受けることで、適切な買取価格を得ることができます。

不動車の売却をするときのポイントとタイミング

不動車を売ろうと思った時の買取してもらう時には注意する点とタイミングがあります。余分に費用がかかったり、査定の金額に影響が出る場合もあるので気を付けましょう。

再始動による故障

車というのは毎日動かしているほど調子が良かったりします。しかし一旦不動車となりエンジンをかけないと様々な物が劣化をします。長く放置をしていて、そして再びエンジンをかけた途端に故障するケースは少なくありません。例えば冷却のクーラントのホースの膨張による破裂。ゴム類は放置すると硬化します。硬化してしまったゴムが膨張すると破損しやすいのです。他にもセンサー類が上手く動作しなくてチェックランプが点いてしまったりする可能性があります。あまりあれこれ触らずに査定をしてもらうのがベターです。

自動車税のタイミング

車検は切れていても、ナンバーを返納していない限り自動車税は発生します。売却を決めたのなら自動車税を納付する前がおすすめです。3月末までに売れば自動税の支払いはありません。少しでも得をしたいのであればこのタイミングで売るのが得策です。特に排気量の多い車両は高額ですし、13年を経過している車両はさらに割増しなので、売ると決めたら早い方が良いです。

不動車買取の業者の選び方

不動車の買取業者を選ぶ際には、信頼性やサービス品質、買取価格などを考慮することが重要です。以下に、不動車買取業者を選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

買取業者を選ぶポイント

  1. 口コミや評判の確認 インターネット上の口コミや評判を確認することで、業者の信頼性やサービス品質を把握することができます。
  2. 業者の実績や評価 買取業者の実績や評価を調査し、長年の経験や信頼性の高さを確認しましょう。業界での評判も参考になります。
  3. 査定の無料性 買取業者によっては、査定料金を無料で行っています。複数の業者から査定を受けることで、買取価格を比較しやすくなります。
  4. 買取価格の比較 買取価格は業者によって異なる場合があります。複数の業者から買取価格を比較し、適切な価格を提示してくれる業者を選びましょう。
  5. 手続きのスムーズさ 手続きのスムーズさやサポートの充実度も重要なポイントです。業者が手続きを迅速に進めてくれるか、必要な書類の提供や手続きのサポートを行ってくれるかを確認しましょう。
  6. 保証やアフターサービス 買取後の保証やアフターサービスが提供されるかどうかも重要です。万が一トラブルが発生した場合にしっかりと対応してくれる業者を選ぶことが大切です。

これらのポイントを考慮しながら、複数の不動車買取業者を比較し、適切な業者を選ぶことが重要です。

★★★買取品を増やしたと考えるショップ関係者様、ソレウルに掲載しませんか?★★★

口コミ

まだ記載されていない地域のショップオーナー様は無料登録をご検討ください。

ショップの宣伝は少しでも増やすことが、商売繁盛の上で大切なポイント。

掲載されることで「機会損失」を防ぐことが出来ます

関連記事

  1. 獏

    美術品買取・獏

  2. 車買取のおすすめ業者探しの秘訣

    車買取

  3. 銀座蔵や アピタ富山東店

    高価買取専門店 銀座蔵や アピタ富山東店 店舗情報

  4. 洋服を詰める女性

    古着買取の【おすすめ業者5選】

  5. リアライフ香川

    リアライフ香川

  6. オフハウス

    オフハウス|会社情報|取り扱い品アイテム