実家の売れない家を処分するための、おすすめの方法

売れない家を処分するための、おすすめの方法

家を処分したい場合には、不動産業者を通じて売却することが出来ますが、その方法は一つではありません。いくつかあるやり方の中でベストな方法を見つける参考にお役立てください。

売れない家を処分する方法

売れない家を売却する方法はいくつかあります。以下に、複数の方法を挙げていきます。

  1. 不動産仲介業者への委託
  2. 不動産オークション
  3. 自主的な価格調整
  4. リースやレンタル
  5. 不動産投資家への売却
  6. 住宅解体と土地の売却

不動産仲介業者への委託

住宅売却

不動産仲介業者に家を任せ、売却を依頼する方法です。専門家が市場調査や適切な価格設定を行い、買い手を探してくれます。ただし、売れない場合でも手数料が発生する場合があります。

しかし少しでも高く売りたいのであれば時間はかかりますが、仲介業者に委託をするのが良いでしょう。

不動産オークション

不動産オークションでは、競り落とし方式で売却することができます。 しかし、オークションによっては価格が以下になることもあり、リスクが伴います。

不動産を売却する場合に、すぐに現金化したい場合には、リフォームして再販をする不動産会社や不動産オークションに出すのがおすすめです

自主的な価格調整

売れ行きが鈍い場合、値下げなど価格を変更することで買い手を引きつけることが出来ます。

リースやレンタル

売れない場合は、レンタルやリース的な選択肢も考えられます。一定期間レンタルすることで、将来の市場の変動に備えることができます。

自己資金に余裕があるのならば、店舗に改装をして貸し出すことも方法の一つです。

不動産投資家への売却

不動産投資家や不動産会社に物件を売却することがあります。これは迅速な取引が期待できますが、価格は通常市場価格よりも低くなることがあります。

住宅解体と土地の売却

売れない場合でも特殊なケースに対応できる専門の不動産売買業者やコンサルタントに相談することも一つの手段です。

家が売れない理由

悩む女性

売りに出した家に買手がつかない。なぜ家が売れないのかについて複数の理由が考えられます。当てはまるものを改善して対処しましょう。

  1. 適正な価格で販売されているか
  2. 不動産物件の状態:物件の状態が悪かったり、修繕が必要な欠陥があると、買い手に手間がかかることで敬遠される可能性があります。清掃や修繕を行い、物件を良い状態に置くことが重要です。
  3. 地域・立地条件:物件の立地や周辺環境が買い手に魅力的でない場合、売れません。学校や交通機関のアクセス、安全などが考慮されます。駅からの時間や利便性が高いほど売れやすいです。
  4. マーケティング不足:適切なマーケティングが行われていないと、物件が知られずに売れないことがあります。写真や広告の質の向上やオンラインアナウンスの充実が重要です。
  5. 世の中の経済的な理由:住宅ローン返済やローン条件が変動すると、買い手が減少する可能性があります。
  6. 家のデザインや機能の古さ:デザインや設備が古い場合、現代のトレンドに合わないと感じられ、買いにくい場合があります。
  7. 不動産仲介業者の選択:不動産仲介業者の選択が重要です。 経験豊富で信頼できるエージェントがいない場合、適切なアドバイスやサポートが得られない可能性があります。

売却が難しい場合は、不動産業者に相談するか、売却戦略を考えることが適切ではないかもしれません

立地の悪い家

売りづらい家の中で、「立地の条件が悪い」というのも理由の一つです。立地にもいくつかの項目があります。

  • 交通の便が悪い
    • 最寄りの公共交通機関(駅、バス停など)から遠い。
    • 道路インフラが整っておらず、アクセスが不便。
  • 周辺施設が少ない
    • 生活に必要な施設(スーパー、コンビニ、学校、病院など)が近くにない。
  • 治安が悪い
    • 犯罪率が高い地域や、夜間の治安が心配される場所。
  • 騒音や振動がある
    • 近くに高速道路、鉄道、空港、工場などがあり、騒音や振動が頻繁に発生。
  • 自然災害のリスクが高い
    • 洪水、土砂災害、地震などのリスクが高い地域。
  • 周辺環境が悪い
    • ゴミの不法投棄が多い、悪臭がする、景観が悪い(空き地や廃墟が多い)。
  • 日照条件が悪い
    • 周囲の建物や地形により日当たりが悪い。
  • 地形の問題
    • 坂が多い、斜面に位置している、地盤が弱い。
  • 将来的な発展が見込めない
    • 既に過疎化が進んでいる地域や、都市計画で発展が見込めない地域。

近隣の環境を変えるというのは難しいことですが、売買の提示額を下げるなどすれば買手が見つかることがあります。おおよそ2割ほど減額してみるのも良いでしょう。

再建築が不可な家と、その対策について

再建築不可の家は、新たに建物を建てることが法的に認められていない土地に建っている家のことを指します。これらの家は、通常、都市計画や建築基準法により、再建築ができないとされています。

再建築不可の家の特徴

  1. 狭小な道路に面している
    • 道路幅が建築基準法に定める4メートル未満である場合、再建築ができないことが多いです。
  2. 都市計画の制約
    • 都市計画法に基づく用途地域の制限により、再建築が制限されている場合。
  3. 既存不適格
    • 以前の法律では適法だったが、現在の建築基準法には適合しない場合。
  4. 建ぺい率・容積率の問題
    • 建築基準法の建ぺい率や容積率を超えているため、再建築が認められない場合。
  5. 接道義務の不履行
    • 建築基準法で定められた道路に2メートル以上接していない場合。

再建築不可の家に対する対策

  1. 現状維持
    • 現在の建物をリフォームやリノベーションする。
  2. 用途変更
    • 住宅としての利用を諦め、倉庫や事務所として利用する。
  3. 接道義務を満たす
    • 隣接する土地を購入し、接道義務を満たすことで再建築可能にする。ただし、これは費用が高額になることがあります。
  4. 建て替えを避ける投資
    • 賃貸物件として運用し、収益を得ることを検討する。
  5. 売却
    • 再建築不可であることを明示した上で、売却する。購入希望者には現状利用や投資目的での購入を促す。
  6. 不動産買取業者に売却
    • 再建築不可の物件を専門に取り扱う不動産業者に売却する。これにより迅速な現金化が可能。
  7. 自治体の支援を利用
    • 一部の自治体では、再建築不可の土地を含む地区の整備計画や補助金制度がある場合があります。地域の行政機関に問い合わせてみることが重要です。

ポイント

再建築が不可の売りづらい物件の場合は、売却だけでなく賃貸や住宅以外の用途をすることを見つけたりすることを考慮するのも良いでしょう。どうしても現金化したい場合には、不動産買取業者に売却するのがおすすめです。

家を売るための戦略

  • 価格の見直し:不動産市場の状況や同様の物件の価格を確認し、適切な価格での売り出しを検討します。価格が高すぎると買い手に手が回らない可能性があるため、適正な価格設定が重要です。
  • マーケティングの改善:仲介業者が出している不動産の写真や広告文に工夫を凝らし、手に取って引き寄せる要素に変更する。
  • 物件の修繕と管理し直し:家の中にゴミなどが散乱している状態ならば、全てを片付けする必要があります。中古住宅で使用する目的で売却するならば、最低限の修繕を行う必要があります。もしそれが出来ない場合は相応の値下げが必要になる場合があります。
  • 内覧の活用:オンラインだけでなく実際に内覧会をすることで売れやすくなる可能性が高まります。
  • 仲介業者を選びなおす:不動産仲介業者をマーケティングが得意な業者や多数の取引業者を持っている会社に選びなおすことも方法の一つです。高い知識を持った仲介業者を選ぶことで、物件の売却アドバイスに関して受けることができます。

売却のポイント

不動産の立地は変更することはできません。出来るとすれば、住宅の中の清掃や修繕・最適な価格への見直し、そして最後に一番重要なのが、その物件をしっかり売ることが出来る仲介業者の選択となります。

大手不動産会社に仲介を依頼するメリット

握手


不動産仲介の大手を利用する際の主なメリットには以下の点が挙げられます:

  1. 広範なネットワークと情報:
    • 大手不動産仲介会社は社内にネットワークを持っています。これにより、多くの物件情報や市場動向にアクセスしやすくなります。また、大手ならではの独自のデータベースや情報ネットワークも活用できます。
  2. プロフェッショナルなサービス:
    • 大手では専門の不動産エージェントやスタッフを抱えています。市場の専門知識を持ち、適切なアドバイスやサポートを提供してくれます。
  3. マーケティング力:
    • 大きな販売網を持っているので、物件が広く知られ、より多くの潜在的な買い手にアプローチできます。
  4. 信頼性と安心感:
    • 大手は多くの取引実績があり、市場での限界性が高いとされています。そのため、販売主や購入者にとっては安心感があります。
  5. 豊富なサービスの提供:
    • 大手は通常、不動産に関連する様々なサービスを提供しています。資金調達や法的なサポート、引っ越しサービスなど、不動産取引に関して必要な様々なサービスを一括して利用できます。
  6. 交渉力の向上:
    • 大手は取引の経験が豊富であり、交渉力が高いとされています。物件価格や条件の交渉において、プロの交渉者が交渉テーブルに座ることで、有利な条件が引き出しやすくなります。
  7. スピーディな取引:
    • 大手は効率的な業務プロセスを確立しており、スピーディな取引が期待できます。これにより、物件の売買が速やかに進みます。

不動産専門の買取業者に依頼

例えば大手不動産業者が仲介出来ない、もしくは中々買手が見つからない物件の場合は、中小の不動産買取業者に依頼をするというのも有効です。

売れない家を処分する際には、買取業者に相談することが一つの方法です。買取業者は、不動産を迅速に現金で買い取ることができるため、売却に時間がかかることなく手続きを進めることができます。


おすすめの不動産仲介業者

【PR】

野村不動産

NOMURA FUDOSAN

【特徴】

野村の仲介は売却サポートが充実しているのが安心できるポイントです。

あんしん設備補修・ホームステージング・ホームクリーンアップ・ハウスクリーニング・荷物一時預かり・土地測量・埋没物撤去・トチステジングから一つを選ぶことが出来ます。

【おすすめのポイント】

ホームステージングや土地ステージングによって、より良く見せるマーケティングが得意な会社です。それにより高い価格で売却が出来るのがおすすめのポイントです。

まずは査定から

★★★買取品を増やしたと考えるショップ関係者様、ソレウルに掲載しませんか?★★★

口コミ

まだ記載されていない地域のショップオーナー様は無料登録をご検討ください。

ショップの宣伝は少しでも増やすことが、商売繁盛の上で大切なポイント。

掲載されることで「機会損失」を防ぐことが出来ます

関連ページ

エリア
売れない家を処分するための、おすすめの方法
実家の売れない家を処分するための、おすすめの方法
エリア
横浜・湘南・横須賀でおすすめの不動産会社
神奈川の不動産売却でおすすめの買取業者会社をご紹介!

関連記事

  1. 切手買取でおすすめのショップはどこ?

    切手買取はどこがいい?おすすめの優良店の選び方

  2. スマホ・タブレット

    スマホ・携帯・タブレットの買取

  3. ロードバイク

    ロードバイク買取で高く売る方法とおすすめの買取業者

  4. 自転車

    自転車の買取ショップ探し、ブランド別の買取相場とおすすめの業者

  5. シャネル

    シャネル買取おすすめショップ一覧、信頼性の高い専門店をご紹介

  6. りさいくるらんど

    りさいくるらんど

0 0 votes
Article Rating
メールを読む
通知する
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
Would love your thoughts, please comment.x